東海のスキー場へバスで行って見る

東海のスキー場の特徴は営業期間中、毎日23時までナイター営業をしていることでバスでもアクセスすることができます。

夜になればビギナー向けでのパークエリアひかり、デビューパークのアイテムが色とりどりに輝きます。ネオンパーク化したテンションが上がる演出は、トリックの練習にもつながります。ビギナー向けのロングコースが多いので、家族でのんびりと楽しむことができファミリー層がとても多いのが特徴です。雪がない夏の時期は人口スノーマットと言われる特殊なものが敷かれて、サマーゲレンデになります。これで毎年営業されるので国内を代表するトップスキーヤーなども、夏場に腕を磨くためにたくさん訪れています。

東海のスキー場ではバスも運行していますは、人の少ない場所でゆっくりと練習をしたいという人は、ホワイトピア高鷲も人気があります。混雑は比較的していないので、自分のペースで楽しむことができます。敷地内には宿泊施設があるので、連日ウィンタースポーツを楽しみたいという人にはあっています。モーグル専用のコースがあることも大きな特徴ですが、子供向けのモーグル練習会でも毎週開催されることが人気です。

子供へモーグルを習わせてみたい人は足を運ぶ価値があります。東海のスキー場にバスで行くと、出入り口周辺には緩やかな雪原が広がっていて子供の練習場としても相性の良いフィールドとなっています。上級者や非圧雪コースで林の間をくぐり抜けつつ、粉雪の上で滑走を満喫できます。子供にはたくさんの遊具があるキッズエリアで、子供専用の雪遊びができるので大人も子供も何日いても飽きることがありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *