飛行機で行く東海地方のスキー場

人気が下降したことで閉鎖を余儀なくされたスキー場は、全国にたくさんあります。

人気だったスキー場も、リフトの数を減らすなどの合理化でやり繰りして来たのですが、最近やっと復活の目が見えて来たようです。人気のスキー場はやはり北海道ですが、冬の北海道は雪が多く飛行機の時間が気になります。九州方面からは距離も遠いことから、滑る時間も制約されます。九州地方から飛行機で短時間で着くことが出来るゲレンデがあれば、非常に便利になります。その条件を確保出来るのが、東海地方にあるゲレンデです。

九州地方を朝に立つことで、午後にはボードなどが出来る好条件となっています。北海道のゲレンデに行くには丸一日かかることになる九州からは、最適な環境になるはずです。そんな東海地方にあるゲレンデも、最適な環境となっている所がたくさんあります。北海道のゲレンデに負けない規模を誇る、14コースが揃い5000mの滑走距離になるほどのゲレンデが用意されています。また別なゲレンデではスキーの出来ない人のたにめ、山頂から2000mもあるソリコースを提供するまでになりました。

スキーが出来なくても山頂に立つことが出来、ソリに乗って下まで降りて来ることが出来る醍醐味は他のゲレンデでは味わうことの出来ない楽しさが待っています。たくさんの人が楽しむことが用意されている東海地方のゲレンデです。時間をかけることなく飛行機で行ける東海地方で、ボードなどを楽しんでみてはいかがでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *