バスに乗って東海へスキーをしに行く

東海のスキー場では営業期間中の特別企画として毎日23時までナイターでの営業をしています。

特にバスツアーなどで参加している人は、ナイターで営業していると便利です。夜になればビギナー向けのパークエリアも公開され、デビューパークでもあるアイテムが派手に光り輝きます。ネオンパークにも変身しますが、テンションが上がる演出でもありカップルにもうけています。バックカントリーはパークのような人が手を入れていないような部分で、雪山などの自然そのままを取り入れたフィールドを指しています。

パウダースノーを巻き上げながら滑るスリル満点のスキー場は、東海のスキー場でバスで行くことができます。他のエリアでは体験できないであろう滑りを楽しみたい人は、バスで行く価値のある東海のスキー場です。アウトドアサービスで提供されているパワーゾーンは、パーク内を拠点としてビギナーにも体験ツアーを組んでいます。雪山にも詳しいインストラクターが丁寧な解説をしながら、カントリーデビューを手助けしてくれます。

センターハウスから登山スタートし30分ほど歩くと山頂に到着します。板を装着することでドロップインとなり、滑走するための登山は必要不可欠です。1本を滑ることにかなりの時間を要しますが、爽快感を感じるには必ず登る必要があります。パーク以外での場所も滑ってみたいという人なら、好奇心旺盛ということでぜひバスツアーにも参加してみる価値があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *