夜行バススノボーツアーを利用する際の荷物のまとめ方

夜行バスでスキー場に行くスノボーツアーを利用する場合には、荷物のまとめ方に迷うものです。

朝到着するので、すぐにゲレンデに行きたいものの、夜に使うものもありどうやって詰め込んだらよいのか迷います。この場合には手荷物と、預ける荷物でわけておくとよいでしょう。手荷物に入れるものとしては、貴重品とデジカメなどの壊れたら困るもの、バスの車内で使うクッションや、女性ならばメイク関係、途中で着る防寒具などがあげられます。

バスの下に荷物を預けてしまうと、ほかの荷物で圧迫されることもあり、壊れやすいものは手荷物にまとめておいた方がよいでしょう。車内で使うものとサービスエリアで使うものが必要となりますが、夜行バススノボーツアーを利用する場合には、寝るために使うものと、起きた後に使うものを把握しておくことが大切です。寝るために使うものは乾燥対策でのマスクや車内音対策の耳栓、対向車のあかり対策の帽子などがあげられます。スマートフォンの充電のために充電器も忘れてはなりません。

起きた後に使うものは、歯ブラシや飲み物、汗ふきシートやメイク道具、コンタクト用品やタオルなどがあげられます。これらを小さくまとめて車内に持ち込む荷物にしましょう。これら以外のものはすべて預ける荷物となりますが、預ける荷物に関してはサイズをきちんと守る必要があります。キャリーバッグをころころと転がしていけば便利だと感じる人もいるかもしれませんが、雪道ではひくことができず不便となります。スノボーツアーではボストンバッグが便利に利用できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *