東京夜行バスで持っていきたいアイテム

東京夜行バスは、けっこうな長い時間乗車することになります。

バスの座席は正直あまり快適といえる空間ではないため、なるべく快適に過ごせるように是非持っていきたいアイテムがあります。まず枕はあった方がいいでしょう。枕といっても、普通の枕ではなくて、空気で膨らませて首の周りに巻くような感じて使うタイプのものです。これがあると、頭を支えてくれるのでバスの座席でもけっこう眠りやすくなります。

リクライニングシートを完全に倒せれば眠りやすくなるのですが、現実には後ろの人に申し訳ないので少ししか倒せないことがよくあるでしょう。そんな時でもこの枕があれば、わりと快適に眠れるはずです。アイマスクもあると便利です。東京夜行バスは、走りはじめてわりとすぐに消灯になってしまうので、車内は暗いのですが、それでも窓から外の光が漏れてきたり、他の人が照明をつけていたりスマートフォンの光が気になったりすることがあり、安眠を妨害されることが少なくありません。

そんな時でもアイマスクさえあれば、光を完全にシャットアウトして安らかな眠りにつけるでしょう。耳栓もあるといいかもしれません。東京夜行バスでは基本的にみんな寝ているので静かですが、静かなだけにかえって色々なちょっとした物音がして気になるということもあります。

誰かがものを食べていたり、携帯の着信音が突然なったりすると、やはり安眠が妨げられてしまうものです。そんな時に耳栓があると便利でしょう。ただ、通路側に座る場合は、休憩時の車内アナウンスが聞こえないと、隣の人に迷惑をかけるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *