福岡発の富士山へのアクセスは静岡空港も便利

富士山の頂上は静岡県と山梨県の2つの県境を持つ山で、登山口は山梨県側の吉田口、静岡県側のふじあざみラインの須和口、富士山スカイラインの富士宮口、富士公園太郎坊線の新五合目(御殿場口)の4つです。

関東や静岡県、山梨県などの場合、ツアーを利用するとバスでそれぞれの登山口まで行くことができるので便利ですが、福岡発のツアーなどの場合は、登山口に行くだけでかなりの時間を要してしまいます。飛行機を使って羽田に向かう、空港からはツアー専用のバスを利用して登山口まで行くのが一般的です。

新幹線を利用して行くツアーなどの場合は、往復の時間が多くかかりすぎてしまう、日程自体も1泊2日で行くことは困難です。これでは福岡発の富士山ツアーは日程の余裕がなければできない、このようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。福岡発の場合、他の地域にはない飛行機を利用できるメリットがあることをご存知でしょうか。

静岡県には静岡空港と呼ぶ地方空港があるのですが、こちらの空港は島田市と牧之原市をまたがる形で設置が行われているものです。福岡と静岡を結ぶ空路があるので、福岡発で富士山に出掛ける時など時間の節約にも繋がって来ます。尚、当空港からはバスやレンタカーなどを利用して吉田口や御殿場口などそれぞれの登山口に行く必要がありますが、ツアーの場合は観光バスが用意してある、もしくはレンタカーを利用できるツアーの場合は事前に手配が済んでいるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *