福岡発の富士山ツアーの行程について

富士山ツアーは九州エリアを出発地にしているものが多いのですが、中でも多いのは福岡発のツアーではないでしょうか。

福岡発では飛行機もしくは新幹線を利用するケースが多いようですが、新幹線は飛行機よりも時間が掛かるものの、ツアー料金が安い傾向を持ちます。福岡発で富士山に向かう時の日程は、最初に博多や小倉から新幹線を使い名古屋駅まで出向きます。名古屋駅からは、バスに乗り換えて富士スバルラインを経由して吉田口と呼ぶ五合目まで行き、ここから富士山の登山を始めることになります。

吉田口五合目には幾つかの山小屋があり、夕食を小屋で食べた後は出発です。ここから距離にして約4km、所要時間2時間半かけて七合目まで歩いて山小屋で1泊します。早朝に出発して七合目からの途中でご来光のチャンス、そして一気にお鉢まで登り切り、お鉢巡りと鶴ケ峰の山頂に立ちます。ちなみに、富士山の山頂は霧ヶ峰と呼ぶ三角点で、ここが標高3、776mの場所になるのです。

再び八合目の山小屋に戻り、1泊してから翌朝2度目のご来光のチャンスです。天気に左右されるため、100%ご来光を望めるわけではないなどから運次第です。3日目は八合目から五合目まで一気に下り、バスに乗車して名古屋まで戻る、名古屋駅からは行きと同じく新幹線を利用して小倉や博多まで戻るのが福岡発の富士山ツアーの一般的な行程です。ちなみに、ツアーの中には温泉などに立ち寄るプランもありますので、帰りに富士登山のことを思い出しながら温泉に浸かるのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *