福島県の葬儀が変化しつつある - 茨城県内での葬儀における焼香について

福島県の葬儀が変化しつつある

subpage01

東北地方の福島県は、葬儀においても古い慣習が残る地域です。

特にお葬式に際して近隣住民が手伝いをする隣組や念仏講とも呼ばれて10件ほどの家が1単位になっています。

お通夜に参列する参列者への接待も、故人の遺族がするのではなくこの隣組や念仏講が行うほどです。
そのため近隣住民のお葬式は会社を休んでも手伝うと言うのが当然のようになっています。

素敵な福島で葬儀の最新情報をご提供します。

また、出棺の際にも竹素材のアーチの仮門をつくってそこをくぐって出棺するという他の地方では見られない風習もあります。

このように、近隣住民との深いつながりのある福島県の葬儀が近年変化しつつあります。

子供や孫などの身内のみで行う家族葬を選択する人が増えているからです。

故人の意思により生前から家族葬にしたいという要望が増えているのは、自分に葬儀に際して子供たちに迷惑をかけたくないという思いからでしょう。



人生の最後は近しい人にそっと見送られたいと考える人も多いです。



福島県でも、核家族化が進み子供たちが東京などの大都市に出てしまっている場合近隣住民との関係が希薄なため、お葬式で隣組や念仏講によって手伝ってもらうことが負担になると考えられます。また、家族葬にすると費用の面でも安く済むこともできます。

従来の葬儀では、大きな規模で行うことから費用面でもかなりの出費になるからです。このように福島県のような古い慣習の残る葬儀を行っている地域でも家族葬のような小規模のお葬式を希望する人が益々増えてくることは間違いないでしょう。