茨城県内での葬儀における焼香について

subpage01

茨城県内での葬儀が執り行われる場合、神葬祭とよばれる神道形式の、全国的にもめずらしい葬儀がないわけではありませんが、基本は仏教形式で、亡くなった人の宗派に応じた作法によることになるのが一般的です。

仏教形式の葬儀では、参列した人が順に霊前において焼香を行う機会があります。
この焼香についてもいろいろと作法がありますので、一応は頭に入れておいたほうがよいでしょう。
茨城県内で、葬祭ホールや公営の斎場の一室を貸し切って行われる場合には、立礼といって、焼香を立ったままで行うことになります。この場合、霊前に台が設けられていますので、まずはその直前で遺族と導師をつとめている僧侶に一礼します。


一歩進んで遺影の前でも一礼の上で焼香を行い、終わったらまた遺族に一礼をして席に戻るのがマナーとなっています。焼香の際には、頭上に持ち上げる動作をすることがありますが、これも宗派ごとに回数が違っていたりもします。

茨城で葬儀について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

茨城県内では浄土真宗などが宗派としては多く、この宗派では実はこのような動作はしないことになっています。



そのため、当日の司会のアナウンスで、導師がどの寺院から呼ばれたのかを確認したり、先に焼香をした人の動作を真似たりしたほうがよいでしょう。

茨城県内の場合、自宅で葬儀をすることもありますが、この場合は回し焼香といって、霊前には出向かず、逆に正座している席のほうに、順々に焼香炉のほうがリレーのようにして渡されることがあります。
この場合は、正座したまま焼香をして、終われば次の席の人に渡します。



葬儀の関連情報

subpage02

身内が亡くなったために福島県内で葬儀をする場合、その式場をどこにするのかは、まず考えなければならないところです。葬儀の式場によって、祭壇の大きさや搬入経路はもちろん違いますし、会葬の案内を告知するのにも必要です。...

NEXT

葬儀のためになる情報

subpage03

家族が亡くなったとき、残された遺族は様々な手続きや準備を行わなければなりません。そのひとつにはお葬式の手配があります。...

NEXT

葬儀の補足説明

subpage04

東北地方の福島県は、葬儀においても古い慣習が残る地域です。特にお葬式に際して近隣住民が手伝いをする隣組や念仏講とも呼ばれて10件ほどの家が1単位になっています。...

NEXT

葬儀について思うこと

subpage04

福島県は山間部を多く占める会津地方、平野部となる中通り、海岸地域となる浜通りの3つで構成されています。それぞれにしきたりがあり、同じ県民でも地元住人でなければ迷うことも多くあります。...

NEXT