福島での葬儀と式場について

subpage01

身内が亡くなったために福島県内で葬儀をする場合、その式場をどこにするのかは、まず考えなければならないところです。

福島で葬儀の知識が一目瞭然です。

葬儀の式場によって、祭壇の大きさや搬入経路はもちろん違いますし、会葬の案内を告知するのにも必要です。



福島県内とはいっても、エリアとしては広いものですが、一般的には亡くなった人の自宅か、菩提寺になっている寺院が式場として選ばれます。



福島県内の場合、もともとの農家などは農作業にも利用できるような、大きな敷地と建物をもっていることが多く、会葬者が多くても十分に対応が可能です。
寺院の場合も同様に、敷地の広さがありますが、それとともに、通夜振る舞いなどの会食ができるスペースが整っていることも大きいといえます。


同じ福島県内でも、会社勤めの人が現役で亡くなった場合など、会葬者がかなり多く、しかも地元の人だけではないことが見込まれるのであれば、民間の葬祭ホールが式場として選択されることもあります。

このような施設は、葬儀をすることに特化して建てられた施設としての特徴をもっているため、祭壇などの搬入、搬出もスムーズなほか、会葬者のための受付のスペースや、僧侶や遺族の控室、会食ができるスペースなど、必要な設備はほとんど整備されています。

ほかにも、公営の斎場の場合もありますが、こちらは火葬室と隣接していることがほとんどですので、告別式のあとで霊柩車を出して遠くまで移動する必要がないことがメリットです。
ただし、一般の人の予約も多いため、日程をよく確認しておくことがたいせつです。